ガルバリウム鋼板(ガルバ)の価格

ガルバリウム鋼板って、トタン屋根の金属板みたいなものでしょ」と思っていませんか?

それは大きな誤解です!

確かに「鋼板」という分類では同じですが、錆びにくく、外装材としてのメリットも多々あり、しかもデザイン性が高いのが「ガルバリウム鋼板です。

近年、家の外壁材や屋根材として注目を集め、略して「ガルバ」と呼ばれることもあります。

ガルバリウム鋼板の特徴

金属なのに外装材としてのメリットが沢山

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板とは、鉄をベースにした合金板に金属メッキ加工が施されたもので、外装材としての利用が増加しています。

ガルバリウム鋼板の加工に使用されているメッキは「アルミニウム55%:亜鉛43.4%:ケイ素(シリコン)1.6%」という比率で作られています。

ガルバリウム鋼板が、金属にもかかわらず、

  • 軽量
  • 耐熱性が高い
  • 錆びにくい
  • 長持ちする

など外装材として優れたメリットを多々持つのは、この特殊な金属メッキからもたらされています。

高いデザイン性を持つ

ガルバリウム鋼板は、その外観も人気が高い理由の一つです。

スッキリとしたモダンな雰囲気により、住宅だけでなく、カフェや店舗などの外壁材としての使用も多くなっています。

意匠性の高いデザインやカラーバリエーションの豊富さも大きな強みです。

ただし価格は高めなことと、中には「トタンみたい」「倉庫のようにみえる」といった意見があることも事実です。

予算や外観の好みを考慮しつつ、実際にガルバリウム鋼板が使用されている外壁を自分の目で確かめてから選択されることをおすすめします。

ガルバリウム鋼板のメンテナンス方法

錆びにくい特殊メッキ加工が施されていると言えども、ガルバリウム鋼板も金属なので、決して錆に無縁なわけではありません。

日頃は、もらい錆や異なる種類の金属が触れないよう注意する必要があります。

ガルバリウム鋼板のメンテナンスとしては、年一回ぐらいでいいので、定期的に水洗いをするのがおすすめです。

塩害や酸性雨が心配な地域では頻度を増やすといいです。

水洗いの際には、高圧洗浄機は使用せず、優しい水流で汚れを落とすことがポイントです。

また外壁や屋根は風雨や紫外線にさらされ続け劣化のペースも速いので、10年間隔で定期的に塗装保護を行うことが望ましいです。

しかしガルバリウム鋼板はもともと汚れなどが付着しにくい材質のため、塗料も付着しにくいという一面があります。

ガルバリウム鋼板の価格

メーカーによって異なりますが、ガルバリウム鋼板の単価相場は3,500~6,000円/㎡です。

例えば外壁が150㎡の場合、ガルバリウム鋼板の工事費用には525,000~900,000円程度かかる計算です。

実際に塗り替え工事を行う場合には、足場代などその他必要経費も加わるため、全体としては100万円前後かかりますが、ガルバリウム鋼板の外壁には通常メーカー側で10~15年保証がついています。

そのため適切に工事が行われれば、1年間あたりのガルバリウム外壁のメンテナンス費用としては15~20万円といえます。

ガルバリウム鋼板の塗装に強い業者の探し方

上記でも少しお伝えしましたが、ガルバリウム鋼板の塗装には高度な技術が必要になります。

技術力のある業者を選ばないと、せっかく塗装工事を行っても、耐用年数を待たずして、予定よりも早く剥がれ落ちてしまう恐れがあります。

しかし自力で技術力のある塗装業者を見つけるのは手間がかかりますし、見積り金額が適正価格なのかを判断するのは難しいです

そこでおすすめなのが、無料で使える一括見積もりサイト「ヌリカエ」の活用です。

外壁塗装ヌリカエ

ヌリカエを活用すれば、自分で一社一社調べていく必要はなく、厳選された塗装業者の中から、ガルバリウム鋼板の塗装に関する確かな技術と専門知識を持つ優良業者を簡単に探し出すことができます

専門アドバイザーがあなたの要望をしっかりとヒアリングし、その上で最適な業者を紹介してくれるので、「ガルバリウム剛板の塗装が得意な塗装業者を探している」と一言伝えるだけでいいんです

また見積もりをまとめて取り寄せられるので、見積書を比較することで、価格面でも適正なのか確認することができます。