外壁や屋根の塗装工事費用は決して安いわけではありません。

そのため、少しでも家計の負担を減らしたいですよね。

確定申告や年末調整を行うことで「控除(減税)」も受けられますが、実は一定の条件を満たすと、「火災保険」で外壁塗装や屋根塗装を行うことが可能です。

外壁塗装や屋根塗装を火災保険でまかうための条件

外壁塗装や屋根塗装を火災保険でまかう

  1. 火災保険に加入していること
  2. 加入している火災保険が「風災」「雹災」を保険適用範囲内としていること
  3. 保険会社が派遣する外壁診断士に「風災」「雹災」と判定されること

一見すると火災保険に入ってさえいれば簡単な条件に見えますが、「風災認定」は認められないケースが多々あります。

なぜなら保険会社も商売なので、なかなか「風災」として認定してくれないからです。

ではどうすればいいのか。

順を追って、火災保険で塗装工事を行う方法をお伝えします

火災保険で外壁塗装・屋根塗装を行う方法

火災保険で外壁塗装・屋根塗装を行う方法

火災保険の保険内容を確認しよう

まずは加入している火災保険の契約書を確認しましょう。

最近の火災保険であれば風災・雹災も入っているのが一般的ですが、昔の保険の場合は風災がオプションになっている可能性があります。

保険の適用範囲内になる風災・雹災とは

あなたが加入している火災保険に風災が含まれていたら、次は風災と雹災の定義について確認します。

基本的には、台風、旋風、竜巻、暴風、雹(ひょう)等によって外壁や屋根が破損した場合、保険の適用範囲内になります。

したがって「自然劣化による変色・錆・腐食」などは保険適用外となります。

火災保険の申請経験が豊富な塗装業者の見つけ方

ぺインターぺインター

ここまでだけ読まれると「我が家の場合は自然劣化なので保険対象外か…」と思われる方が大多数かと思いますが、諦めるにはまだ早いです

なぜなら本当に自然劣化なのか、それとも風災なのかは、プロでないと判定できないからです。

そのため、次にあなたが取るべき行動は、火災保険の申請経験が豊富な塗装業者を探すことです。

火災保険に詳しい塗装業者は、保険会社への問合せ方から申請書の書き方まで、火災保険の申請が通るノウハウに精通しています。

火災保険適用のための無料診断を行ってくれる業者もいます。

誠実に対応してくれ、塗装技術に優れた業者を探すのは基本ですが、+αとして火災保険の申請経験が豊富な業者を探すのです。

でも1社1社調べていくのは大変ですよね。

そんな時は「ヌリカエ」のような一括見積もりサイト(無料)を使うと、何百もある業者の中から、条件にあった業者を一気に絞り込めるのでラクチンです。

風災にあった日の調べ方

風災として申請するには「いつの風災なのか」をはっきりする必要があります。

「風が強かった日がいつだったかなんて、覚えていないよ」と心配されたかもしれませんが、安心してください。

強風は1年の間に何度も何度も吹いています。

また多くの火災保険では風災があった日から3年以内の申請を条件にしていますが、3年以内に強風は必ず吹いているはずです。

気象庁のホームページには過去の気象事例のデータがあるので、ぜひ参考にしてください。