日々、雨風や紫外線を受け続ける屋根瓦は、家屋の中で劣化が進みやすい場所です。

屋根瓦には保護のために塗料が塗られていますが、定期的に再塗装を行うことで長持ちさせることができます。

屋根瓦の種類

屋根瓦の塗装や葺き替えの費用

屋根瓦は、大きく分けて以下の4種類となります。

瓦というと粘土瓦(和瓦)だけがイメージされやすいですが、実はスレート系や金属系の屋根も屋根瓦なのです。

瓦とは、屋根の上に設置される化粧材の総称です。

そのため瓦=屋根材となります。

スレート系(コロニアル)
耐用年数 20年~
○メリット 初期費用が安い、施工しやすい
×デメリット 耐久性が低い
セメント系(セメント瓦)
耐用年数 30年~
○メリット 施工しやすい、塩害に強い
×デメリット 重たい
金属系(ガルバリウム鋼板)
耐用年数 30年~
○メリット 施工しやすい、軽い
×デメリット サビを生じる、熱くなりやすい
粘度系(和瓦)
耐用年数 50年~
○メリット 耐久性が高い、変色に強い
×デメリット 重たい、高額

塗り替えが必要な屋根瓦のタイプは?

  • スレート瓦とセメント瓦では塗り替えは必須
  • 金属瓦は劣化の状況によって塗り替えが必要
  • 粘土瓦は寿命が非常に長いため、塗り替えの必要性は低い

屋根塗装や屋根瓦の葺き替えにかかる費用

屋根塗装

外壁点検と異なり、素人が屋根に上がり日常的に屋根瓦を点検するのは難しいので、プロに定期チェックしてもらうと安心です。

屋根塗装や屋根瓦の葺き替えにかかる費用は「屋根塗装の相場」で一部ご紹介していますが、

塗り替えの場合は使われる塗料により変わりますし、葺き替えの場合は同系統の瓦の葺き替えか、別系統の瓦への葺き替えかにより変わってきます。

また屋根塗装は同じ施工内容でも、業者によって大きく金額が変わってくるので、ぜひ相見積もりで費用の「比較」をしてください。