外壁塗装は、家の外観を美しく保ちつつ耐久性を高めるために、約10年に一度は必要なもの。

でも、平均100万円前後かかるので、決断できずに悩んでいる方もいらっしゃると思います。

ぺインターぺインター

実は、外壁塗装にも助成金があるので、条件を満たせば、平均20万円〜30万円お得に外壁塗装をすることができます。

助成金は年度ごとに予算が限られているため、締め切られる前に申請しなければなりません

しかし、細かい条件は自治体によって異なってきます。

住んでいる地域の外壁塗装の助成金を今すぐ確認したいなら、「ヌリカエ」(無料)を活用するのが早くて簡単です。

  • 使える助成金の確認
  • 助成金申請のサポート
  • 住んでいる地域の費用相場の確認
  • 外壁塗装業者選びのアドバイス
  • 優良業者からの見積もりをまとめて取得

「外壁の状態」や「住んでいる地域(市区町村)」など、いくつかの質問に答え終わると、専門アドバイザーから連絡が入り、結果を教えてもらえます。

名前や具合的な住所は伝えなくていいので、安心して利用できました。

»お住まいの地域に助成金が残っているか確認する

熊本県で外壁塗装に助成金が下りる市区町村

熊本県にお住まいの方で、家の外壁塗装をお考えでしたら、まずは住んでいる市区町村の助成金が使えるかどうかを確認しましょう(最新情報はご自身でご確認ください)

地域 制度名 助成金額
人吉市 人吉市住宅リフォーム促進事業 工事費用の1/4(上限20万円)*現金と商品券で半額ずつ支給
荒尾市 子育て応援空家活用事業補助金 工事費用の1/2(上限50万円)
玉名市 玉名市第2次定住促進補助事業 工事費用の1/2(上限50万円)
山鹿市 三世代同居住宅支援事業補助金 工事費用の1/2(上限50万円)
宇土市 宇土市住宅リフォーム助成事業 工事費用の20%(上限20万円)*商品券で支給
上天草市 上天草市住宅リフォーム等支援事業 工事費用の10%(上限20万円)
宇城市 宇城市住宅リフォーム助成事業 工事費用の20%(上限15万円)*商品券で支給
天草市 空き家活用事業補助金 工事費用の1/2(上限100万円)
南関市 南関町定住住宅取得等補助金 工事費用の20〜30%(上限50〜75万円)
長洲町 長洲町住宅リフォーム補助金 工事費用の10%(上限10万円)
南小国町 住宅リフォーム助成金 工事費用の10%(上限10万円)
小国町 小国町住宅リフォーム助成事業 工事費用の10%(上限10万円)
産山町 産山町住宅リフォーム助成事業 工事費用の20%(上限20万円)
氷川町 氷川町住宅リフォーム等促進事業 工事費用の20%(上限20万円)
錦町 錦町住宅リフォーム補助制度 工事費用の20%(上限30万円)
湯前町 住宅・空家リフォーム等の各種補助事業 工事費用の1/2(上限30万円)
水上村 水上村住宅リフォーム助成事業 工事費用の10〜30万円
山江村 山江村住宅リフォーム助成事業 工事費用の20%(上限20万円)
球磨村 球磨村住宅リフォーム助成事業 工事費用の20%(上限20万円)
あさぎり町 あさぎり町個人用住宅新増築及びリフォーム助成事業 工事費用の10%(上限50万円)
苓北町 苓北町住宅リフォーム等支援事業補助金 工事費用の10%(上限10万円)

熊本県での外壁塗装で助成金をもらうための条件

助成金制度の細かい条件は自治体によって異なりますが、前提条件には一定の傾向があるのでご紹介します。

1)「遮熱塗料」「断熱塗料」の使用が条件

助成金制度の中には、ただ外壁塗装をしただけでは対象にならないものがあります。

住宅の省エネルギー化・脱炭素化を推し進める世の流れを受けて、遮熱塗料や断熱塗料を使って外壁塗装をする「省エネ化工事」が対象となっているためです。

2)着工前に申請すること

助成金の利用申請は工事がはじまる前に行う必要があります。

工事内容が制度の対象であっても、着工後では申請そのものを受け付けてもらえないことが多いので、お気をつけください。

3)税金を滞納していないこと

助成金の申請者や家の居住者が市町村税を滞納していると、助成金の対象外となります。

万が一、住民税を支払っていなかったり、過去に支払っていない期間があったりする場合は、まずは清算を済ませる必要があります。

4)住んでいる地域の業者に外壁塗装をしてもらうこと

助成金制度の多くは、地域の経済活性化を目的の一つに置いています。

そのため、助成金の支給条件に「その市区町村の施工業者を利用すること」と定められている場合が多いです。

熊本県での外壁塗装の助成金を申請する流れ

申請手続の細かい部分は自治体によって異なりますが、基本的な流れをまとめておきます。

  1. 外壁塗装の見積もりを取る
  2. 自治体のホームページから必要書類をダウンロードする
  3. 必要書類を提出する
  4. 審査結果の連絡を待つ
  5. 外壁塗装の契約をする
  6. 外壁塗装の工事を開始してもらう
  7. 実勢報告書と請求書を提出する

多くの自治体では「先着順」や「抽選制」で助成金を支給しています。

必要書類に不備がないよう、申請にかかる時間を考慮して、早めに見積もりを取っておくなど、事前準備が大切です。

熊本県での外壁塗装は助成金+相見積もりでお得になる!

まずは無料の「ヌリカエ」を活用して、お住まいの地域に助成金制度があるかだけでも確認されてみてください。

平均20万円〜30万円お得に外壁塗装をすることができます

また、同時に「相見積もり」もできるので、万が一お住まいの地域に助成金制度がなくても、適正価格での工事がしやすくなります。

見積もりを取り寄せたからといって必ず依頼する必要はないので、慎重に塗装業者を選んでいきましょう。

»お住まいの地域に助成金が残っているか今すぐ確認する

 


(関連記事)